Selling Library Selling Library

適正な価格帯とは何か?適正価格を知り、売却時期を見極めましょう。

失敗しないために正しく理解しましょう!
もっとも高く売却するためには
何に気をつければよいかご紹介します。

適正価格 イメージ写真 適正価格 イメージ写真

適正価格

適正な価格を知るためには、地域に精通し実績の豊富な不動産会社から提示される根拠が重要です。優良マンションに特化したTOANETでは皆様のマンションの取引事例等の情報を基に近年の新築マンション市況等を踏まえ適切な価格をお知らせいたします。また、そのプロセスについてもご納得いただけるよう、分かりやすくご説明いたします。希望的観測ではなく根拠と実績に基づいた提案を無料でいたします。
査定ライン イメージ写真 査定ライン  イメージ写真
高く売るにはどうすればいいか? イメージ写真 高く売るにはどうすればいいか?  イメージ写真

高く売るにはどうすればいいか?

家を高く売るには、2つのポイントがあります。1つはご案内方法。優良マンションに特化している弊社では、それらの物件をお探しのお客様から、多くのお問い合わせをいただいております。また、優良マンションは専門性が高いため、詳細な部分まで知識を高めてご案内しなければ、ご成約には結び付きません。弊社では、優良物件に特化した営業活動を行っているため、十分な知識を持った営業マンが交渉に出向き、成約角度の高いご案内をすることができます。もう1つは売買時にかかる仲介手数料です。弊社では指定物件の仲介手数料が売主様も買主様も半額です。つまり、売買価格が同じでも手数料が半額の場合、お手元に残る資金は多くなります。また、買主様も半額ですので、交渉を有利に進めることができます。
売却期間を見極める イメージ写真 売却期間を見極める イメージ写真

売却期間を見極める

査定ご依頼時、稀に「時間がかかってもいいからできるだけ高く売りたい!」という意見がございますが、不動産は時間をかければ高く売れるというものではありません。むしろ、時間がかかればかかるほど売れ残り感が出てしまい、かえって相場を下回る可能性もございます。
グラフ イメージ写真 グラフ  イメージ写真

高額査定にはご注意を!

不動産会社によっては、取引事例法に基づく査定値、及び収益還元法に基づく査定値等を示さず、媒介契約欲しさに根拠のない高値を提示し、適正な価格とはかけ離れた金額を提示する業者がいます。売主様からすれば高値を提示されて浮足立つ気持ちにもなると思いますが、ここで冷静に判断することが大切です。高すぎる金額で売り出した場合、もっとも大切な最初の販売期間を棒に振ることになりかねません。

[最適な目安価格] 適正価格×105%〜110% (安くはないが検討はしてみたいと感じる価格)


ご紹介キャンペーン開催中 ご紹介キャンペーン開催中
go top