査定 お問い合わせ キャンペーン
TOANETライブラリ

お住み替えによる売却のご相談

お住み替えによる売却のご相談

お住み替えをサポート

お住み替えは「持ち家の売却」と
「新居の購入」の2つを行うことなり、
タイミングが大切です。
家は売れたものの次に住む家が
見つからないとか、
希望していた物件は購入できたけれども、
売れないとローンが
二重になってしまう・・・。
まずは流れを知っておくことが大切です。

お住み替えの進め方とその特徴

お住み替えには、3つの進め方があります。
先に売るのか、先に買うのか、
同時に進めるのか。
まずはその流れを把握しておきましょう。

1.先に売る(売り先行)

1.先に売る(売り先行)

先に持ち家を売却し、売却代金を得てから住み替え先となる新居を購入してお住み替えを行います。 いったんは仮住まいに引っ越すなどして、持ち家を先に売却するのが売り先行の売却です。この進め方ですと、持ち家の売却金を資金として新居を購入することができます。また、持ち家にお住まいの場合は、生活しながら売却することになるため、内覧希望があった場合は、予定を合わせたり家の中を片づけておくなど、臨機応変に対応する必要があります。

売り先行のお住み替えのメリット
  • 費用を工面しやすいです。
  • 時間をかけて妥協せずに家を売却できます。
売り先行のお住み替えのデメリット
  • 仮住まいが必要になるため、家賃負担が発生します。
  • 内見の対応が必要です。

2.先に買う(買い先行)

2.先に買う(買い先行)

「買い先行」はお住み替え先となる新居の購入を先に行ってから、その後ご自宅を売却するという流れになります。先に売って住み替えを行うケースよりもスケジュール調整しやすい点が特徴です。その一方で、多くの資金が必要になる点もこの住み替え方法の特徴です。 持ち家の住宅ローンが完済しているか、完済できる資金があれば問題ありませんが、新居の手付金や新たに借りる住宅ローンの各種費用や頭金、仲介手数料や引っ越し費用をすぐに用意できる方は多くないのではないでしょうか。そのため、世帯年収が高く、資金に余裕がある人におすすめの住み替え方法となります。

買い先行のお住み替えのメリット
  • 新居に引っ越すため、仮住まいをする必要がありません。
  • 空き家の状態で売却活動ができるので、購入希望者にとって印象が良くなります。また  その都度、内見に立ち会う必要もありません。
買い先行のお住み替えのデメリット
  • 住宅ローンの返済が二重になる期間あります。
  • 売却金額が確定しないため、資金計画が立てにくいです。
  • 持ち家が売れないリスクがあります。

3.売り買い同時進行型

3.売り買い同時進行型

「家の売却」と「新居の購入」を同時に進める「売り買い同時進行型」は、持ち家の引き渡し日と新居への入居日を合わせられれば、引越しをするだけで住み替えが完了します。「家は売却できたけれど新居は決まっていない」という場合は仮住まいが必要になります。また「新居は決まったけれど家は売却できたいない」という場合は二重ローン(ダブルローン)になります。そのため、「売り買い同時進行型」は、最もスムーズに住み替えられる方法といえます。

売り買い同時進行型のお住み替えの
メリット
  • 今のお住まいから新居へ直接引っ越しできますので「仮住まい」は不要です。
  • 今の住宅ローンの完済と新居のローンの借り入れが同時になり「ダブルローン」の期間が生じません。
売り買い同時進行型のお住み替えの
デメリット
  • 住宅ローンの返済が二重になる期間あります。
  • 売却できない場合、買い替えを断念しなければならない場合があります。

マンション名と部屋番号で簡単査定!

訪問査定でプレゼントAmazonギフト券2,000円分

※ご入力いただき、個人情報の取り扱いについてをご確認の上、送信してください。査定結果をメールにてご報告させていただきます。

マンションのイラスト 購入希望者様がたくさん
集まるから売却に強い
今すぐ査定してみる

お住み替えを成功させるポイント

お住み替えの理由は人によってさまざまですが、
大半の人が慣れていないため、
抑えるべき大切なポイントがありますので、
把握しておきましょう。

スケジュールには余裕を持って

お住み替えを成功させるためにはスケジュール管理が大切です。なぜなら、持ち家の売却と新居の購入の両方を行うため、タイミングがズレてしまうと余計な費用がかかるなど損をしてしまうケースがあるためです。 例えば「売り先行型」の場合ですと、売却した後、新居に引っ越すまでは仮住まいに引っ越す必要があります。新居が決まらなければ仮住まいが長引いてしまい、家賃などの費用がかさんでしまいます。

売り出し価格は慎重に

お住み替えを行う場合、持ち家がいくらで売れるのか、ということがとても重要です。とはいえ、不動産には適正価格というものがあります。高く売りたいのはやまやまですが、あまりにも高く価格で売り出してしまうと、余計に売却に時間がかかってしまうこともあります。地域に詳しい信頼できる不動産会社の担当者のアドバイスをよく聞きながら、計画的で戦略的な価格設定を行うことが大切です。

信頼できる不動産会社を
見つけること

お住み替えの場合は、持ち家を少しでも高く売ることが重要です。なぜなら、持ち家がいくらで売却できるかによって、その後の費用負担や、住宅ローンの返済額が大きく変わってきます。持ち家を少しでも高く売るためには、信頼できる不動産会社にしっかりと売却活動をサポートしてもらうことが極めて重要です。

神戸のマンション売却なら
神戸に特化したTOANETにご相談を

TOANET指定マンションのご売却なら、通常仲介手数料が半額でおトクにお取引きいただけます。

TOANETでは通常仲介手数料は「売買価格×3%+6万円(税抜)」ですが、当社指定マンションなら半額になります。(売買価格が400万円以下の場合を除く) たとえば、4,000万円の物件を売却する場合の当社通常仲介手数料は126万円(税抜) ですが、当社指定マンションなら半額の63万円(税抜)にるので、おトクです。

お電話でのお問い合わせ078-232-3339
メールでのお問い合わせお問い合わせ

マンション名と部屋番号で簡単査定!

訪問査定でプレゼントAmazonギフト券2,000円分

※ご入力いただき、個人情報の取り扱いについてをご確認の上、送信してください。査定結果をメールにてご報告させていただきます。

マンションのイラスト 購入希望者様がたくさん
集まるから売却に強い
今すぐ査定してみる

弊社営業スタッフによる
取引体験記

住み替えるなら売るのが先?
買うのが先?

先に現自宅を売却して住み替える場合、資金繰りが明確になるほか売却資金を次の住まいへ充当することができます。後売りの場合は、売却が完了するまで資金が不明確ではありますが、空き家の状態で売却活動でき、高値が期待できるメリットがあります。

新築マンションの完成時期が
かなり先だ

新築マンションが気に入ったので住み替えたいが完成時期が1~2年先。でも自宅が売却できなければ次の住宅ローン承認が取れないので契約できないなんてことも。そのようなお悩みにもご対応しています。

不動産売却ライブラリ
コンテンツ一覧

神戸・大阪の
マンション売却査定・買取と
購入はトアネットにお任せください。
トアネットライブラリ』で検索
サイト名
TOANETライブラリ
運営会社
TOANET株式会社
(トアネット)
代表取締役
大畑 清一郎
設立
2013年11月18日
住所
〒650-0004
兵庫県神戸市中央区中山手通3丁目10−6
TEL
0120-939-838
URL
https://library.toanet.jp
事業内容
不動産仲介業・不動産賃貸業
不動産管理業・不動産買取業

マンション名と部屋番号で簡単査定!

訪問査定でプレゼントAmazonギフト券2,000円分

※ご入力いただき、個人情報の取り扱いについてをご確認の上、送信してください。査定結果をメールにてご報告させていただきます。

マンションのイラスト 購入希望者様がたくさん
集まるから売却に強い
今すぐ査定してみる