切絵師 民井達也氏|神戸ポートタワーの作品

このたび、切絵師の民井達也さんに神戸ポートタワーの作品を作って頂きました。

神戸育ちの民井さんは、25年間切絵作家として活躍され、古き良き神戸、新しい神戸、ディープな神戸を全国に発信されるすごいお方なんです!ちなみに夜はBARを営まれており、その道なんと28年だそうです。

TOANET切り絵ご覧下さい。この神戸らしさの象徴、神戸ポートタワーの存在感。

さらに弊社の看板店長ジジ(猫)も絵に取り入れて下さいました。

たいへんありがたいです。さすが民井画伯。

それもこれもとあるご縁から生まれました。

ほんの少し民井さんのことをご紹介します。

(全部お話するのは時間がいくらあっても足りません。あしからず。)

切絵師の民井 達也さんは、冒頭でも申し上げました通り、BARのオーナーでもあります。

トアロード沿いにあるお店の名、「BAR 飲酒室」

なんともハイカラな店名ですよね。

ふと立ち寄らせて頂いた民井さんのBARで出版されている切絵の画集を拝見しました。
画集のタイトルは「神戸散歩 色々なモノクローム」

神戸散歩 色々なモノクローム
見たとき、時が止まり「すげー!」と感嘆。
「え、ほんまに切り絵ですか?」と感動。
「うちの事務所に飾りたいです。」と心から漏れた感想。

そこはさすが民井さん。
「いやいや、そんなお世辞はいらんよ。ほんまにおもてんの?」と切り返し。
さすが酒場で神戸のハイカラな人たちを相手するだけある。

心から漏れたとはいえ、『お願いしても断られるんちゃうやろか』と怖気づく。

すると「ええよ。いっちょやってみようか?」と民井さん。

間髪いれずに「え、マジッすか! ぜ、是非お願いします!」

「よっしゃ!明日事務所行くからどんなんがええか考えといて!」と。

『うわ~。マジで書いてくれるんや。めっちゃ楽しみやん』

というのがTOANET切絵の裏話。

切絵は出来上がるまでやっぱり時間がかかるみたいで、その分楽しみに待たせて頂きました。

「お待たせしました。お待たせしすぎたのかもしれません。」と持ってきて頂いた民井さん。

本当にありがとうございます。
BAR飲酒室では、大人な民井さんの作るハイボールや日替わりのカクテルがお勧めです。
TOANETのすぐ近くですので是非皆様、足を運んでみて下さい。

BAR飲酒室
住所:神戸市中央区下山手通3-11-1 トアロード側入り口 2F・3F
営業時間:20:00~4:00頃
定休日:水、第1・3木曜(営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください