『yokoyama』モダンフレンチと中華の融合、上品な大人の隠れ家。

 

皆様、こんにちは!ちょっとごきげんいいですね。トアネットのめぐみです。つい先日中秋の名月で美しいお月様を見ることが出来ましたが、秋というよりは残暑が厳しい時季ですが、皆お元気でお過ごしでしょうか。

さてこの度私は、モダンフレンチと中華料理の両方を活用した イノベーティブ・フュージョンのレストラン「yokoyama」へお邪魔しました。

こちらのお店のオーナーシェフは、神戸の名門「エヴォーブ」やモダンチャイニーズ「Varies」で腕を奮い、沢山の方々から「彼は天才」と呼ばれていたようです。そして2022年3月20日にオープンされるや否や、話題のお店となっていました。

場所

県庁前駅

お店へは、地下鉄西神山手線県庁前駅の東出口2から 徒歩2分(254m)です。

県庁前駅

階段を上り東出口2を出られると、正面に神戸栄光教会が見えます。神戸栄光教会

信号を渡り、神戸栄光教会~兵庫県民会館に沿って東方向へ進みます。

生田新道

小さな信号も超えてそのまま真っ直ぐ進み、生田新道沿い

INDIGO SPAというお店の角を左に曲がり進みます。店舗に続く道

静かな通りを行くと右側に、レストラン「yokoyama」がひっそり佇むように現れました。

店舗外観

息を呑むほどに、控えめで上品な佇まいです。知る人ぞ知るお店、といった感じですね。

店舗外観

yokoyamaの表札にうっすらライトアップされていました。シンプルでさり気なさが素敵ですね。店舗の表札

予約されていた方々が、お店の前に徐々に集まり始めました。

店舗内観

お昼は12時、順に中へと通されました。なんてシックでお洒落なんでしょう!   薄っすら暗く夜のような、しっぽり落ち着いた雰囲気ですね。

広々としたカウンターがメインで全8席店舗内観

テーブル席は4席あります。テーブル席コンクリートの打ち放しと間接照明が綺麗で、大人のムードが漂っていますね。

カウンターと厨房

奥行きのある広々したカウンターは、椋木の木目もとても美しいですね。

カウンターと厨房

そして、シェフが厨房側から、同じカウンター 同じ高さで調理されているのでライブ感を味わうことが出来ますね。なかなか稀有なことだと思います。

木製の板膳

席ごとの 木製のまんまるの上質な板膳やお水のコップも、1つずつ丸い間接照明が当たっている様子も、優しい温もりを感じられますね。

引出しの中のカトラリー

おっと!カウンター下の引き出しに、カトラリーと食事のメニュー表が置かれていました。さり気なくおしゃれ(^^)

メニュー

ドリンクメニュー

ドリンクメニュー

アルコールは、お薦めのワインペアリングと、他数種類グラスもございます。その他、中国茶のセットやノンアルコールもございます。

ドリンクメニュー

こちらは、お料理のメニューです。メニュー食材が表記されているだけなので・・・うーん!素人の私は分からない^_^;、、という事で横に置いて楽しみにしましょう!

さて先ず初めに、スープが出されました。スープ

透き通るような息を呑むような美しさです。間接照明でスープの透明度と輝きを放ち、膳の木目にグラスと光が映り、見事ですね。

あさりの出し汁に、青のりとバジルが浮いています。とても上品な中華の味わいです。

アミューズ

アミューズは、トロニシン  ハーブ…アミューズ

秋の味覚、脂がのったトロニシンとフェリーラ(ハーブで大葉の新芽)とハーブのお花を透き通る生春巻きで巻いています。トロニシンはビネガーで締めたそうで、ひと口頬張ると、すっきり爽やかな味が口いっぱい広がりました。

周りは、緑は青のりで、ニシンの尾っぽも飾られて、絵のように美しい色彩でした。

オードブルで、海月(くらげ)  烏賊  スッポン…オードブル

海月のこりこりがたまらなく美味しい。すっぽんの濃厚なスープに、烏賊のもっちり、少しオクラのねばねば、カラマンシーの歯応えが相まって、大合唱を奏している。

先ほどシェフがライブ感たっぷりで、カットしたカラマンシーにオイルを垂らして目の前で絞って完成された、青い水玉も繊細。

中華の食材とフレンチの融合で、心底驚いてしまう一品でした。

鱧  帆立  栄螺  梨  フォアグラ …オードブル

鱧の淡白な旨味と濃厚な味わい、帆立 栄螺の貝の旨味、アジアン野菜が加わって、中華の醍醐味の中、フォアグラと焦がしバターのフレンチの味わいが不思議にコラボ。

オードブル

見た感じは繊細なフレンチで、中に中華がのぞいたり、創造が面白い素晴らしい!

オードブル

太刀魚  筋子  滋賀米…魚料理

木の器が、温かみがあって素敵ですね。

ふっくら優しい太刀魚と、さらっと炊かれたお米、プチプチ弾ける筋子が滑らかなソースで仲良く繋がって、調和している。味わい深いけどすっきりと、後味爽やか。

カウンター席から眺めるシェフの料理

カウンターで、シェフがお肉料理の盛り付けをされています。臨場感があって、楽しみが倍増します。贅沢な感動の瞬間です。

カウンター席から眺めるシェフの料理

スポットライトが当たっているようで、正に瞬間の芸術ですね。

神戸ポーク  大徳寺味噌  栗  落花生…肉料理

肉厚の神戸ポークのばら肉で、どんと存在感たっぷり。脂が多く甘味のあるお肉を、しっかり濃い大徳寺味噌のソースにつけて、インパクト強め。秋を感じる栗、落花生は、 ぽくぽく食感。プチトマトの酸味で箸休め。

肉料理

お肉に合わせてそっと置かれた、中華の蒸し饅…ふわっもちっ優しいお味。中華蒸しパン(

 

コース料理も終盤に近づいてきて。何やら等分にお汁を注いでられますね。さて?カウンター席から眺めるシェフの料理

何かな?蓋物でとっても可愛く綺麗なのだけれど..

蓋物

湯麺   海老醤…汁そば海老のコクのあるスープに、湯麺が入っていました。たぶん中華そばですね。干しエビと葱が味の深みを加え、柑橘のスライスが酸味を+して後味がとても爽やか。

デザートのカボチャ  マスカット  ヨーグルト…デザート

綺麗ですね。平たいカボチャのプリンに、綿あめがのっていて、また不思議? そこへ、

デザート

ヨーグルトソースをかけられて、綿あめが溶けて無くなってしまいました^_^; ものの見事にしゅーっと!

デザート

かぼちゃの自然な甘味に、ヨーグルトソースの酸味が加わって、マスカットやマンゴとソルベで、フルーティー爽やか。砂糖がけの胡桃でアクセントが乗って、この季節にぴったりのデザートでした。

お茶を注がれる様子

しめに、玄米茶とレモングラスのハーブティーを、注いで下さいました。

爽やかでほっとする美味しいお茶でした。

お茶

落ち着いた素晴らしい空間で、心のこもった素晴らしいお料理を頂けて、感動の連続でした。

とても美味しかったです。ご馳走さまでした。

モダンフレンチと中華料理のイノベーティブ、斬新なアイデアと繊細さを併せ持つ素晴らしいシェフさんの、こちらのお店へ是非足を運んでみてくださいね。

店舗概要

yokoyamaイノベーティブ・フュージョン / 県庁前駅元町駅(JR)元町駅(阪神)

昼総合点★★★★ 4.8

モダンフレンチと中華料理のイノベーティブ

昼総合点

4.8

今回訪問したお店
イノベーティブ、フュージョン、モダンフレンチ、中華料理yokoyama
今回利用した料金
5000~5999円
お店の特徴
カウンターメインの落ち着いた空間で頂くイノベーティブ
住所
神戸市中央区下山手通4-13-5 三木ビル1F
最寄り駅
地下鉄山手線県庁前駅
JR元町駅
阪神電車元町駅
電話番号
078-331-6698 (予約は、050-5872-7062)
営業時間
12:00~15:00、18:00~22:00
席数
12席カウンター8席、テーブル4席

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。