ザ・パークハウス神戸タワー成約事例│取引体験記vol.2

堂本

皆様こんにちは。

TOANETの堂本です。

今回は私の不動産取引の中で、想い出深いお取引のエピソードをご紹介します。

売主様からの電話

一日の仕事の片づけをしようとしていた19時頃、TOANETに電話がかかってきました。

「自宅に届いたダイレクトメールを見たんですが・・・」

パークハウス神戸タワーの1室を所有されているお客様からの、売却希望のお問合せでした。

「今、他社で売りに出してもらっているんですが、全然動きがないみたいで・・・」

“すでに別の不動産会社で売却活動中だがなかなか売れない”というご相談でした。

私は、まずお会いして詳しく話をお聞かせくださいと伝え、訪問の約束を取りました。

売主様との面談

面談のため、大阪市内の売主様のオフィスに伺いました。

売却の理由は、セカンドハウスとして利用する目的で竣工前に契約したものの、引渡しを受けるまでの期間でライフスタイルが変化し、利用予定がなくなった、という事でした。

そして大阪に支店がある大手不動産に売却を依頼したものの、どうにも案内の報告が少なく、先行きが見えずに困っているご状況でした。

私は、弊社の地域に密着した豊富な取引実績、タワーマンションに特化していること、広告展開とその質の高さ、成約事例の相場など、お話させて頂きました。

また、当時売り出ししていた価格は査定価格からみて少々高いので、売り出し価格を下げる事も提案させて頂きました。

専任媒介の乗り換え

売主様は弊社の活動内容にご興味を示され、売却を依頼したいとご希望を頂きました。

しかし現在売り出しをしている状況ですので、その不動産会社に販売中止のご連絡をしてくださいとお伝えしました。

媒介契約期間でも、販売中止は可能です。

売主様はすぐに不動産会社に連絡をされました。

広告活動の開始

弊社との専任媒介契約は、相手先の不動産会社が販売活動を止めてから開始します。

相手先の不動産会社もきちんとした対応をされた為、売主様とお会いしてから2日後には、全ての広告が止まった事を確認できました。

弊社ではすでにザ・パークハウス神戸タワーの売却実績があった為、すぐに広告活動をスタートできる状態にありました。

その報告を売主様にすると、「えっ、もう広告出せたんですか!?」と驚かれました。

弊社では、指定物件のそのほとんどのデータを揃えているので、即日広告作成が可能です。

買主様からのお問合せ

当初売出しから少々時間が経っていた為、弊社広告でも開始からすぐには反響がありませんでした。

しかし1か月ぐらい経った頃に、ポータルサイトのSUUMOよりお問合せがありました。

空室で鍵を売主様からお預りしていた為、ご希望の日時で現地内覧のご予約を頂く事ができました。

買主様のご内覧

マンション現地にて、待ち合わせ時間通りに買主様と初対面。

まずはロビーにてご挨拶させて頂き、アンケートにご協力いただきながら家探しのご事情やご希望内容をお聞きしました。

まだ見始めで、広域でタワーマンションの高層階をご希望のお客様でした。

共用部のご案内

物件やお客様のご希望により順序は変わりますが、今回はまず共用部をご案内しました。

ザ・パークハウス神戸タワーは、スカイラウンジやカフェラウンジなどの共用施設が充実しているので、ひとつひとつ見ていただきました。

各階のゴミステーションや共用トイレの場所まで、しっかりご案内です。

築浅で管理もしっかりしているので、共用部だけですでに印象が良さそうでした。

室内のご案内

最後に、物件室内をご案内しました。

空室で使用感のほとんどない状態を見て、買主様はかなり前向きなご様子です。

窓の外に広がる景色も随分気に入った様で、「ここに住みたいな~」という声も聞こえてきました。

そのまま購入申込をされそうな勢いでしたが、私は大きい買い物なので、一度資料を持ち帰って冷静に考えてくださいと伝えました。

合わせて当日すぐに、資金計画のお見積りと住宅ローンの事前審査をご案内しました。

比較されるためにも、ご予算に合わせた他のタワーマンションの売出し情報も提供しました。

購入申込と売買契約

数日後、お客様から連絡がありました。

他と見比べても気に入りそうな物件がない、親に報告して問題もないとの事で、購入申込をされたいとのことでした。

住宅ローンの事前審査も速やかにお手続きいただき、問題なく承認となりました。

その旨売主様に連絡し、諸条件をお伝えしたところ、大変喜んで頂き、売買契約へ進む運びとなりました。

売買契約は弊社事務所で売主様・買主様を引き合わせ、対面にてお手続きしました。

それぞれとてもいいお人柄でしたので、私含め全員が安心して売買契約を締結する事ができました。

引渡し前のトラブル

売買契約後、買主様には住宅ローンの本申込をして頂き、無事本審査も承認となりました。

買主様の住宅ローンの金銭消費貸借契約も完了し、2週間後の引渡し日を待つばかり、となったある日の事でした。

給湯器から水漏れ

「現地で水漏れが起きた様です」

売主様からの連絡で、びっくりしました。

空室で水道も止めているのに、なぜ??

状況をよく聞くと、なんと真冬の寒さで給湯器内部の水が凍って膨張し、一部の部品が破損して水漏れが発生したとの事でした。

「僕もまだ現場には行けてないんですけど」

売主様は大阪に住んでいましたので、まずは至急連絡をくれた様でした。

あれ?鍵は弊社の事務所で預かっているのに、現地には誰が行ったの??

大林組の緊急対応

管理人さんに話を聞くと、なんと床下に設置していた水漏れセンサーが発報した為、施工業者の大林組が緊急対応をしてくれたとの事でした。

売主様に連絡したもののすぐにつながらなかった為、非常時に備えて預託されている住戸キーを使って入室。

バルコニーの外壁に設置されていた給湯器から壁をつたって床下、階下の住戸にまで水がまわってしまっていたそうです。

大林組の技術者数人で床下の水をくみ取り、適切な処置がされた為、被害は最小限に抑えられました。

売主様はすぐに給湯器修理の手配をしてくださり、現地修理の立合いは、私が遠方の売主様に代わって立合いました。

階下の住戸の方は火災保険に加入されていた為、大きな問題にならずに済みました。

その旨買主様にも説明し、床下が問題ない事も大林組担当者に確認のうえ、無事に予定通り引渡しをする事ができました。

まとめ

売却活動中でも、なかなかうまくいかない場合は、媒介契約を解除する事が可能です。

売れない理由は売出し価格や物件の状況、流通性など色々と考えられますが、担当者とコミュニケーションがとれていない場合は解約を考える必要があります。

弊社に売却乗り換えの結果、今回のザ・パークハウス神戸タワーの売主様には、大変喜んでいただく事ができました。

現在売却中、もしくは売却の予定がある方は、ご参考にしてください。

また、ご購入検討のお客様には、決して押し売りする事なく、じっくりお話を聞いたうえで、お客様にとってベストなご提案をさせていただきます。

住宅ローンやリフォーム、税制の事など、何でもお気軽に堂本までご相談ください。

最後に、今回私が非常に強く感じた事は、マンションの管理体制はとても重要であるという事です。

鍵預託サービスの有無、管理会社との連絡のスムーズさなど、「マンションは安心を買う」という言葉が脳裏に焼き付くお取引でした。

買主様にとって不動産購入はとても大きなお買い物ですので、しっかりと物件・エリアを調べる事が重要です。

売主様にとって大切な財産を売却する為には、その不動産の特性やエリアを熟知した不動産会社を選ぶ事が重要です。

神戸市中央区の不動産の売買は、地域密着のTOANETにぜひ一度お問合せください。

マンションのご売却・ご購入ならTOANETにご相談を

当社指定マンションなら通常仲介手数料が半額でおトクにお取引きいただけます。

当社通常仲介手数料は「売買価格×3%+6万円(税抜)」です(売買価格が400万円以下の場合を除く)。

たとえば、4,000万円の物件を取引する場合の当社通常仲介手数料は126万円(税抜)ですが、当社指定マンションなら半額の63万円(税抜)になります。

神戸市中央区のマンションに特化した当社に、ぜひご相談ください。

神戸のタワーマンション特集│需給バランスの変化による資産性と騰落率
神戸のタワーマンション一覧

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
神戸で中古マンション探すなら「TOANET

住所/神戸市中央区中山手通3丁目10-6
営業時間/10:00~18:30
定休日/第2、第3火曜日 毎週水曜日
TEL/078-232-3339 FAX/078-330-0033
URL/https://toanet.jp/
MAIL/info@toanet.jp

TOANET株式会社